ずぼら大臣の意識改革

ずぼらな自分を見つめ直すブログです。

ショックすぎる替え歌

ちょっと前くらいからAdoさんの「うっせいわ」という歌が流行っている。

 

もちろんうちの子供達も知っているし、よく大声で歌う。

小学校でも歌っている人は多いらしい。

歌の影響力ってすごいね!

 

 

そして、我が家の小2の次女。

ある時、替え歌を歌っていた。

 

それは「くっせいわ」

 

『くっせい、くっせい、くっせいわ〜

あなたの加齢臭、激臭です。

自分で臭ってみたら〜

鼻がもげてしまう、かもね〜!』

 

小2が、加齢臭という言葉を知っていたのにも驚いたし、激臭なんて言葉は普段使わんだろ!と思った。

 

しかしこの替え歌、元ネタがあり、クレヨンしんちゃんの野原ひろしが歌う、くっせいわというのがYouTubeであるらしい。

 

その歌を次女が微妙に真似した替え歌。

 

こともあろうか、次女は仕事から帰ってきた夫に替え歌を聞かせた。

 

「パパ〜、聞いて〜、『くっせいわ!』」

「くっせい、くっせい、くっせいわー!あなたの加齢臭、激臭です!…」

 

それを聞いた夫は、涙目。

落ち込んでいるのがすぐわかった。

 

私はすかさず、これはクレヨンしんちゃんのお父さんの替え歌で、決してパパのことを歌った歌じゃないよ!とフォローを入れた。(これもマズかった)

 

が、心の傷は深かった。

 

うっせいわを歌われてもうるさいし、くっせいわを歌われても傷つくし、これならまだ香水の方が良かったかなぁなんて思ってしまう。

 

いつもよりお風呂を長めに入り、念入りに洗ったのだろう。

次女に

「ほら、そんなに臭くないやろう?」と自分の臭いを嗅がせていた。

 

夫の落ち込みが半端なかったので、次女にはくっせいわの歌は歌うの禁止!と伝えた。

 

次女の今のお気に入りの歌は、『ごめんなサイドステップ』らしい。

子供達の流行りは怖い。。